特別支援学校へ。

子育て奮闘日記。 comments(0) - パッチ


この四月からウチのボンが小学生になりました^_^



っといっても特別支援学校に通うことになったんですよ



去年の離婚騒動から引っ越しなどなどやっている時期が今いる地域の就学相談の時期だったらしくて特別枠で就学相談したのが去年の年末でした。



幼稚園も保育園も普通に通っていたので小学校の中にある特別学級に行くのかな?と思っていたのですが・・・



就学相談で特別学級にはついていけないレベルだと言われたのです。



遅れて就学相談したので入学準備まで期間がない!!!早く決めないと!!!

ついていけないレベルと言われても それぞれ見学してみて決めた方が納得できると思いどちらも見学に行ってきました!



結果・・・。支援学級にはやっぱりついていけないだろうな



っというのがハッキリわかりました



少し発育が遅い子供さんがいらっしゃる親御さんは、この時期に本当に悩むというか 何というか大変だと思います。



私の場合のお話になるのですが



私が子供を保育園にお迎えに行った時に他のお友達に「ねぇ?なんでハッチは喋らないの?」と聞かれたり



「どうして着替えが遅いの?なんでお箸使わないの?」とか聞かれます。これは素朴な疑問ですよね

年長さんになれば言葉使いも生意気になり口が達者になり字も書けるし英語やってる子もいます。漢字の読み書きに突入している子もいますね



私はお友達の質問に答えるときは



「いろんなタイプがあるのよ、走るのが遅い人もいれば早い人もいるでしょ?食べるのも早い人も遅い人もいて、ハンバーグが好きな人もいれば嫌いな人もおる」そういう人もおるという事を説明すると子供は素直に聞き入れてくれます。



が!!!





たまに喋りができないのを良い事に どついてみたり 園児がこんなこと言う???と耳を疑うような暴言を吐かれたりしているときがあります。ウチのボンは言葉は理解しているのですが

喋りが苦手なので黙っています。



私はそこをいつも見たくないと思っていました。

一言でも言い返すなりできて自分はこんな事されたり言われるのは嫌だと言えないボンを見るのが辛かったです。



やっぱり楽しくないと人生は



1つでも嬉しいこと楽しい事の多い方がいい



そして子供が自信をつけることができてゆっくり成長できるのは

やっぱり特別支援学校なんだと思いました。



これは本当に最後まで私が決断するのに時間がかかりました。



ボンはどっちが良い?と聞いて判断はできないので



長くなりましたね



また書きます^ ^同じ環境にある方に何かが響いてくれるといいなと







コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM